特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

核ごみ処分、調査受諾の2町村 民意反映されたか疑問=高橋由衣(北海道報道部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「核のごみ」の最終処分場の立地選定手続きを巡る住民説明会で片岡春雄町長(右奥)に質問する町民=北海道寿都町で2020年9月10日午後7時20分、高橋由衣撮影
「核のごみ」の最終処分場の立地選定手続きを巡る住民説明会で片岡春雄町長(右奥)に質問する町民=北海道寿都町で2020年9月10日午後7時20分、高橋由衣撮影

 原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場を巡り、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が、国などが進める立地選定手続きの第1段階「文献調査」を受け入れ、調査が始まった。2007年に高知県東洋町が文献調査への応募を決めたが住民の反対で撤回して以降、停滞していた問題だ。国民の目を再び向けさせた点で意義はあるが、受け入れ決定が住民の意見を十分に反映した結果と言えるのか疑問が残る。

 私は文献調査への応募検討が表面化した8月中旬以降、札幌から車で約2時間半かかる2町村に通い取材を続けている。日本海に面した2町村は過疎化し、文献調査で国から得られる最大20億円の交付金や、最終処分場の誘致による雇用創出につながるとの思いは一定程度理解できる。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1875文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集