周庭氏に禁錮10月 香港地裁、保釈却下し収監 抗議デモ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
香港の民主活動家、周庭氏(左)と黄之鋒氏=香港で2019年8月30日午後6時22分、福岡静哉撮影
香港の民主活動家、周庭氏(左)と黄之鋒氏=香港で2019年8月30日午後6時22分、福岡静哉撮影

 香港の地方裁判所は2日、2019年6月にあった警察本部への抗議デモを巡り、無許可集会扇動罪などで有罪判決を受けていた民主活動家、周庭氏に禁錮10月の量刑を言い渡した。現地メディアによると、周氏は上訴申立期間中の保釈を申請したが却下され、収監された。周氏が実刑判決を受けて収監されるのは初めて。量刑を聞き、周氏は涙を流したという。

 裁判所は、同罪などに問われ有罪判決を受けていた黄之鋒氏(24)と林朗彦氏(26)の両民主活動家にもそれぞれ禁錮13月半と禁錮7月の量刑を言い渡した。両氏も収監された。

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文2037文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集