メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

梅本和義さん=国際交流基金の理事長に就任

インタビューに答える国際交流基金理事長に就任した梅本和義さん=東京都新宿区で2020年11月12日、宮本明登撮影

梅本和義(うめもと・かずよし)さん(69)

 外務省で北米局長、駐イタリア大使などの要職を歴任。昨年退官し、この秋、諸外国との文化芸術交流を進める独立行政法人で、職員270人、25の海外拠点を擁する国際交流基金のトップに就いた。

 「日本文化のアピール力の強さ、多様性を身をもって経験してきた。日本の文化への国際的な興味や好奇心は強く、すでに需要はある。できるだけ供給側が応えていきたい」。在外勤務で得た実感を込め、抱負を述べた。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、リアルな人的交流や芸術イベント、日本語能力試験などの事業を思うように開けていない。厳しい状況下での船出だが、オンラインの可能性に言及し「オフラインでは届かなかったエリアの人たちに手を伸ばすことができる。ぜひ新しいフロンティアを開拓したい」。逆境をバネに意気込む。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです