メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

介護報酬改定 議論大詰め

小泉立志理事

 2021年度の介護報酬改定に向けた議論が大詰めを迎えている。今回は各種介護サービスのほか、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症や災害対策などについて主に議論を重ねてきた。少子高齢化が進み限られた財源の中での改定をどう考えるのか。介護給付費分科会委員で、特別養護老人ホームなどでつくる公益社団法人全国老人福祉施設協議会の小泉立志理事と、大企業の社員らが入る健康保険組合の全国組織である健康保険組合連合会(健保連)の河本滋史常務理事に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです