メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

介護報酬改定 議論大詰め

小泉立志理事

 2021年度の介護報酬改定に向けた議論が大詰めを迎えている。今回は各種介護サービスのほか、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症や災害対策などについて主に議論を重ねてきた。少子高齢化が進み限られた財源の中での改定をどう考えるのか。介護給付費分科会委員で、特別養護老人ホームなどでつくる公益社団法人全国老人福祉施設協議会の小泉立志理事と、大企業の社員らが入る健康保険組合の全国組織である健康保険組合連合会(健保連)の河本滋史常務理事に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです