メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

口角を上げて 神戸市兵庫区・後藤康子(主婦・71歳)

 目の前をリュック姿の女性がスタスタと歩いている。「お元気そうですね」と自転車の上から声を掛ける。「元気だよ」と、はつらつとした声が返ってきた。

 三十数年前、当時の住まいの近くでご主人と小さな食堂を営んでいた人で、いつも弾けるような声で客に接していた。彼女は自分より年長だったと記憶している。すっかり白くなった髪と腰の曲がり具合から、そんなに元気ではないかもしれないと思いながら、明るい声にこちらの気持ちがふわっと温かくなった。

 自分が同じように「元気ですか?」と声を掛けられたら、どう答えるだろうか? 「元気なもんか。腰は痛いし、足はよう動かん。物忘れもひどい。こんなはずじゃなかった」。そんなふうに愚痴を言い募るであろう。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです