メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

新型コロナの自宅療養者数

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自宅療養となった陽性者が急増している。11月25日時点で4990人となり、過去最多を更新した。病床逼迫(ひっぱく)を避けるための措置だが、感染者からは「支援が不十分」と不満が根強い。外出制限のルールが破られるケースもあり、自宅での感染防止の徹底が課題となっている。

 コロナの陽性が確認されると、高齢者や基礎疾患がある人は原則として病院に入院して治療を受けることになるが、年齢が若くて軽症や無症状の感染者は自宅療養の対象となる。厚生労働省は感染拡大を防ぐため▽自宅でマスクを着用する▽外出しない――ことなどを求めているが、行政のサポートは十分な状況とは言えない。

 「デリバリーを利用してください」。11月中旬に自宅療養を始めた神奈川県の女性(22)は、食事をどうするか保健所に尋ねた際、担当者の回答に絶句した。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです