メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者医療費負担増に反対、児童手当は拡充を 政府へ要望強める公明党

公明党本部=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 75歳以上の高齢者が医療機関で払う窓口負担の1割から2割への引き上げに慎重な姿勢を続けてきた公明党。今後1年以内に控える衆院選や東京都議選への悪影響を危惧し、政府方針に異論を唱えてきた。他にも児童手当の特例維持など福祉政策を充実させたい意向で、予算案編成などが山場を迎える年末に向け、政府への要望を強めている。

 「コロナの感染で世代を問わず苦しんでいる。今年、結論を出すというのはいかがなものか」。公明党の山口那津男代表は1日の記者会見で、窓口負担引き上げを狙う政府をけん制した。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです