メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

新料金プランについて発表するNTTドコモの井伊基之社長=2020年12月3日、宮間俊樹撮影

 NTTドコモが3日に発表した20ギガバイトで月額2980円の新料金プラン「ahamo(アハモ)」。携帯電話料金の値下げを重要政策に掲げる菅義偉政権の要請に応じた形だ。業界のリーダー格であるドコモが最安値水準を打ち出したことで、各社は今後、さらなる値下げ策を検討せざるを得なくなった。首相がこだわり続けてきた携帯値下げによる家計負担の低減は、今度こそ実現するのか。【本橋敦子、松倉佑輔】

“自主的な経営判断”を強調

 「政府の要請というよりは、切実な競争戦略として打ち出した」。ドコモの井伊基之社長は3日の記者会見で、新料金の設定はあくまで自主的な経営判断であることを強調した。確かに、近年のドコモは価格戦略などで後れを取ることも多く、利用者の流出が続いている。利益水準でもKDDIやソフトバンクに見劣りし、「業界3番手」(NTTの澤田純社長)として巻き返しが急務だった。

 ただ、新料金プランの内容をみると、9月の発足後から値下げ要請を繰り返してきた菅政権の逆鱗(げきりん)に触れないよう、周到に練り上げられたものであることが分かる。

 新プランは他社からの乗り換えやドコモ利用者のプラン変更の際の事務手数料を無料にした。武田良太総務相が、KDDIとソフトバンクの利用者が傘下の安いサブブランドに移る際の両社の対応について「多額の手数料がかかる。囲い込みだ」と強く批判したことを考慮したとみられる。

 また、武田氏は「メインブランドで値下げがされていない」とも言及し、サブブランドだけではなく本体での値下げも求めていた。井伊社長は会見で「サブは作らずにメインだけでプランを複数作っていきたい」と説明。アハモは新たなサブブランドという位置づけではなく、ドコモ本体が値下げした新料金プランであることを強調した。

 政府の露骨な値下げ要請に「民業への介入」として反発を示す業界幹部は多い。井伊社長はこの点について聞かれると、「(政…

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文2131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです