メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

バレリー・ジスカールデスタンさん 94歳=仏元大統領(12月2日死去)

 元フランス大統領のバレリー・ジスカールデスタン氏が2日、新型コロナウイルス感染症のため仏西部トゥール近郊の自宅で死去した。94歳。心臓病を患い最近は入退院を繰り返していた。仏メディアによると、故人の遺志により葬儀は家族のみで執り行う。

 仏占領下のドイツ西部で、学者や官僚を輩出した家系に生まれた。エリート官僚養成で有名な国立行政学院などで学んだ後、財務省に入省。1956年に下院議員に初当選し、その後、財務経済相などを経て、74~81年に大統領を務めた。

 大統領時代は中道として新幹線(TGV)の敷設や、成人年齢の21歳から18歳への引き下げなどに尽力。日本を含む主要国サミット(G6)発足にも力を注ぎ、75年に仏で第1回主要国首脳会議(ランブイエ・サミット)も実現した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです