本格的な冬告げる「花ぼうろ」 雲仙岳、霧氷シーズン 長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
妙見岳の登山道で見られた霧氷=長崎県雲仙市で2020年12月1日午前10時28分、近藤聡司撮影
妙見岳の登山道で見られた霧氷=長崎県雲仙市で2020年12月1日午前10時28分、近藤聡司撮影

 本格的な冬の到来を迎え、長崎県雲仙市小浜町の雲仙岳一帯では、氷点下で現れる霧氷が見られるようになった。

 霧氷は、地元で「花ぼうろ」と呼ばれ、木の枝に霧や雲が冷たい風に吹き付けられてできる。雲仙ロープウェイによると今季、普賢岳(標高1359メートル)で11月28日、仁田峠とロープウエーで結ばれた妙見…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集