メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

宝木を求めてひしめき合う締め込み姿の男たち=岡山市東区の西大寺観音院で2020年2月15日午後9時39分、山田尚弘撮影

 毎年2月に岡山市東区の西大寺観音院で行われ、日本三大奇祭の一つとされる「西大寺会陽(えよう)」の主催者は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年は規模を縮小して2月20日に無観客で開くと発表した。

 例年は福を呼ぶとされる「宝木(しんぎ)」の争奪戦に締め込み姿の男性約1万人が参加する。主催者によると、21年は争奪戦を行わず、…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

戸田紗友莉

2018年入社。岡山支局で事件・スポーツ・行政の各分野を担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです