東武鉄道がSLの火入れ式 門脇麦さんらが出席、鬼怒川線で26日から運行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
C11形325号機の前で、日光・鬼怒川の新しい観光キャッチフレーズを掲げる東武鉄道の根津嘉澄社長(左)と女優の門脇麦さん=埼玉県久喜市で2020年12月2日午後4時、萩原佳孝撮影
C11形325号機の前で、日光・鬼怒川の新しい観光キャッチフレーズを掲げる東武鉄道の根津嘉澄社長(左)と女優の門脇麦さん=埼玉県久喜市で2020年12月2日午後4時、萩原佳孝撮影

 東武鉄道は2日、東武鬼怒川線(栃木県日光市)で26日から運行する2機目の蒸気機関車(SL)「C11形325号機」の火入れ式を、埼玉県久喜市の南栗橋SL検修庫で行った。

 このSLは、同社が真岡鉄道(栃木県真岡市)から購入した。鬼怒川線では2017年から、C11形207号機を運行しており、325号機は…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

ニュース特集