メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

<教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

山極寿一・京都大前学長=大阪府吹田市で2020年11月14日、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの影響で日本の大学はオンライン授業を取り入れた。今後、大学教育はどう変わるのか。京都大の山極寿一前学長に聞いた。【聞き手・柳澤一男】

 ――新型コロナの拡大が深刻化した時は、京都大の学長でした。

 ◆オンライン授業を即刻、始めないといけなかったので、ルーターを1500台用意して学生に無償配布した。また、教員の中でもオンラインでの講義をしたことがない人がたくさんいたので、研修会を実施した。生活に困っている学生については、給付金を大学独自で上乗せし、留学生には日本人学生と同様の条件で給付金を受けられるようにした。これからも、留学生を日本に引き寄せるためには必要だと思ったからだ。大学での資金が不足したので、学生支援のための基金を立ち上げ、教職員や卒業生を中心に寄付をお願いしている。

 ――全面的なオンライン授業は初めての経験だったと思います。

 ◆私自身は、大学などが講義の動画をインターネットで配信する「MOOC(ムーク)」を手掛け、実際に自分でも講義をして、将来拡大できるという感触を得ていた。教員からはオンラインでやってよかったとの声もある。これまで大講義室ではなかなか学生から質問がなかったが、オンラインではチャットなどできちんとした質問が来る。しかも出席率がすごくいい。また、障害を持った学生も授業に参加しやすくなった。

 ――デメリットはありましたか。

 ◆特にゼミなどでは、人の表情を見て、意見をまとめていくという作業が必要だが、オンラインだとできない。また、手取り足取り指導する実験やフィールドワークは難しい。

 ――後期に入って、対面授業に戻しているケースも増えてきました。オンライン授業はなくなっていく方向ですか。

 ◆オンラインだけになると新入生は仲間ができない。…

この記事は有料記事です。

残り3045文字(全文3792文字)

柳澤一男

2004年入社。千葉支局、サンデー毎日編集部、とうきょう支局、東京社会部、富山支局次長などを経て、20年4月から大阪地方部。約7年、東京都政を担当し、東京オリンピック・パラリンピックの招致や大会準備、上野動物園(東京都台東区)でのジャイアントパンダの2度の出産、東日本大震災後の首都直下地震対策などを取材。大阪地方部では、主に新型コロナウイルスの社会への影響などを追いかけている。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです