メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

安倍晋三前首相=首相官邸で2020年8月28日午後5時25分、竹内幹撮影

 安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、東京地検特捜部は安倍氏側に、安倍氏本人の任意での事情聴取を要請し、臨時国会が5日に閉会した後の日程で協議を始めた。安倍氏周辺は費用を補塡(ほてん)していたことを認めており、特捜部は公設第1秘書については政治資金規正法違反(不記載)で立件可能と判断している模様で、年内にも刑事処分を決めるとみられる。

 関係者によると、前夜祭は、公設第1秘書が代表を務める「安倍晋三後援会」が主催し、2013年から毎年、東京都内のホテルで開いてきた。安倍氏側がホテル側へ支払った開催費用は15~19年の5年間で約2300万円だった一方、1人5000円だった会費の総額は約1400万円だったとされる。差額分は補塡していたとされるが、後援会の昨年までの5年間の政治資金収支報告書には前夜祭に関する記載はなかった。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです