メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

 新型コロナウイルスの感染拡大で医療崩壊の危機が迫っているとして、大阪府は3日に緊急の対策本部会議を開き、感染状況を判断する独自基準「大阪モデル」に基づき、非常事態を示す「赤信号」を初めて点灯させた。重症者の病床使用率が数日中に指標の70%以上に達する可能性を踏まえ判断した。府は4日から15日まで全府民に可能な限り不要不急の外出自粛を要請する一方、府立学校は感染防止策の徹底を条件に通常授業を継続させる。

 全府民を対象にした外出自粛要請は、4月の緊急事態宣言の発令時以来になる。大阪市北区と中央区の飲食店に対する時短営業の要請も、期間を4日間延長して15日までにする。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです