黒獅子旗つかむ決勝3ラン 伝統の強打を呼び起こしたホンダ・井上の一振り 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】五回裏狭山市1死一、二塁、井上が勝ち越しの3点本塁打を放つ=東京ドームで2020年12月3日、平川義之撮影
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】五回裏狭山市1死一、二塁、井上が勝ち越しの3点本塁打を放つ=東京ドームで2020年12月3日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は最終日の3日、決勝が行われ、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)が東京都・NTT東日本(東京第2代表)を4―1で破り、11年ぶり3回目の優勝を果たした。

 11年ぶりの復活優勝をたぐり寄せる、値千金の一振りだった。同点の五回1死一、二塁。狭山市の3番・井上が右中間に決勝の3点本塁打。一塁を回った直後、勝利の立役者はとびはねながら、何度もガッツポーズを繰り返した。

 8年目のベテランとはいえ、都市対抗での決勝の舞台に立つのは初めて。極限の緊張状態の中でも、井上は度胸が据わっていた。初球から「チェンジアップを狙っていた」。狙い球を相手の得意球に絞り、低めに来たそれを完璧に振り抜いた。

 前回、黒獅子旗を獲得した2009年の狭山市はきらびやかだった。…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文701文字)

あわせて読みたい