ホンダ・吉田 嫌な空気を振り払った「足攻」 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】一回裏狭山市2死二塁、佐藤の中前適時打で吉田が生還(捕手・保坂)=東京ドームで2020年12月3日、西夏生撮影
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】一回裏狭山市2死二塁、佐藤の中前適時打で吉田が生還(捕手・保坂)=東京ドームで2020年12月3日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は最終日の3日、決勝が行われ、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)は、東京都・NTT東日本(東京第2代表)を4―1で破り、11年ぶり3回目の優勝を果たした。

 鮮やかな「足攻」で勢いをもたらした。一回2死、狭山市の一塁走者・吉田は自らの判断で…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文534文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい