「エースと言ってもらえるように」 若獅子賞のホンダ・朝山の尽きない向上心 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】狭山市の先発・朝山=東京ドームで2020年12月3日、西夏生撮影
【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】狭山市の先発・朝山=東京ドームで2020年12月3日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会最終日は3日、決勝が行われ、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)は東京都・NTT東日本(東京第2代表)を4―1で降し、第80回大会(2009年)以来、11年ぶり3回目の優勝を果たした。狭山市が先発を託したルーキー・朝山は8回1失点の好投で勝利を呼び込み、若獅子賞に輝いた。

 試合を重ねるごとに、イニングを重ねるごとに進化しているようだった。新人ながら11年ぶりの頂点を懸けた一戦の先発を託された。九回は主将の福島にマウンドを譲ったが、勝利の瞬間は新人らしく、ベンチから勢いよく飛び出した。

 1点を先取した直後の二回。東京都の喜納に適時打を浴び、同点とされた。「簡単に点をやっては流れを持っていかれる」。…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文672文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい