特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

今週の気持ち

今週の気持ちは「手紙」

 「女・男の気持ち」(2020年11月26日~12月2日、東京・大阪・西部3本社版計21本)から選んだ「今週の気持ち」は、東京本社版12月1日掲載の投稿です。

  ◆  ◆

<今週の気持ち>

手紙 千葉県松戸市・花嶋八重子さん(自営業・59歳)

 宝物って何でしょう。価値観が多様化している現代では、人により千差万別ですね。

 私にとって一番は、一人娘です。しかし、彼女はもう21歳。「もの」ではありませんし、彼から婚約指輪をもらって結婚の予定。母から巣立ってゆきます。

 では、夫? いえ、私は20年前に離婚。育児や家事、仕事に追われ、恋することもなく、今は認知症の親を介護する日々。一緒にカフェに行く人もいません。

 やはり「もの」ではありませんが、猫シェルターから引き取った保護猫のテレサは、ずっと一緒の大切な宝。やがて訪れる別れのときまで、あと何年あるかしら。彼女は10歳です。

 小春日和の日に開かずの間の掃除をしていて、郵便番号が5桁の古い封筒が出てきました。開いてみると懐かしい文字が。1986(昭和61)年12月1日の日付の、昔の恋人からの手紙でした。

 一緒に行ったコンサートやラグビーの試合のチケットも出てきました。「君だけが弱いんじゃない。人は1人では強くなれないけれど、2人なら強くなれる」。ちょっとクサイと照れながら、彼が私に贈ってくれた言葉たちに、後から後から涙が……。我慢せず泣いていいよ、と彼が言ってくれているようでした。

 この34年前にもらった、結婚したかった彼からの手紙が私の宝物です。

  ◆  ◆

<担当記者より>

 「『親を捨てて出ていくのか。この裏切り者め!』という時代錯誤も甚だしい親の猛反対で、彼との結婚をあきらめたのです」と花嶋さん。家を継ぐため、結婚相手には養子になってもらうことが条件だったご両親には、自営業の長男だった彼が許せなかったようです。

 「一人娘には好きな人と幸せになってほしい、という願いがかない、母としては幸せです」と話しますが、「これからの生活を考えると、寂しさは否めません。でも、娘の邪魔は絶対にしたくありません」とも。

 お嬢さんが巣立つ、子育て卒業ともいえる時期に、手紙で彼と「再会」した花嶋さん。これまでの頑張りと今の寂しさを認めてもらえたようで、思わず涙がこぼれたのでしょう。「カタルシスを得たというか、泣いて気持ちが浄化された気がします」と話し、この手紙を「宝物」と言い切った花嶋さんに、担当記者も深く感銘を受けました。

 みなさんからのコメントもお待ちしています。コメントはこちらからどうぞ

普段思っていることを書いてみませんか

夫、子どもや親への思い、仕事や日常の中での出来事や出会いなどを受付中です。

「女の気持ち」に投稿する

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集