セクハラ黙認変えたい 「絶対的な存在」社福法人理事長を提訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会福祉法人グローと北岡賢剛理事長を提訴した原告の女性2人=東京都内で11月16日
社会福祉法人グローと北岡賢剛理事長を提訴した原告の女性2人=東京都内で11月16日

 障害者アートの先駆的な取り組みで知られる社会福祉法人「グロー」の元職員の女性ら2人が、北岡賢剛理事長(62)から長年にわたってセクハラやパワハラ、性暴力を受けたとして損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。北岡氏は福祉業界の第一人者として知られている。原告である元職員の女性は「理事長は法人でも絶対的な存在で、私が我慢すれば働き続けられると思った。屈辱を忘れた日はない。普通に働きたかっただけなのに」と憤る。【椋田佳代】

この記事は有料記事です。

残り2240文字(全文2452文字)

あわせて読みたい

注目の特集