メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

北方領土、約束は生きている 鈴木宗男議員、安倍氏に指南52回

=東京都千代田区の参院議員会館で11月20日、藤井太郎撮影

 首相の動静を記した「首相日々」をひもとくと、菅義偉内閣で既に3回、第2次安倍晋三内閣で50回以上登場していた。北方領土問題をライフワークとする参院議員の鈴木宗男さん(72)のことだ。昨夏、9年ぶりに国政復帰を果たしたが、“浪人中”も安倍氏の「指南役」として官邸に出入りしていた。2年前、日露両首脳は「日ソ共同宣言」に基づき、領土問題を含む平和条約交渉を加速させることで合意した。そのころ、この人の姿が官邸にあった。そこで聞いてみた。交渉の行方はどうなりますか、と。

 まさに波瀾(はらん)万丈の人生である。あっせん収賄容疑で逮捕・収監され、2017年に公民権を回復。衆院からくら替えし、国会に戻ってきた。

この記事は有料記事です。

残り3278文字(全文3580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです