メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

1980年代 中学生の青春「すくらっぷ・ブック」 長野県小諸市 こもろ観光局総務部長 山浦修さん(50)

こもろ観光局総務部長、山浦修さん=長野県小諸市で2020年10月14日、駒崎秀樹撮影

詩情誘う名作のふるさと

 小諸市は、南西に清流・千曲川が流れ、北にそびえる活火山・浅間山からの緩やかな南斜面の坂に広がる、どこか懐かしい故郷を感じるまちです。

 「すくらっぷ・ブック」に何度も描かれた懐古園は、文豪・島崎藤村の「千曲川旅情の歌」でもうたわれており、春の桜と秋の紅葉の頃は多くの観光客であふれます。「上を向いて歩こう…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです