JR北 全線区383億円赤字 札幌圏も転落 4~9月 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR北海道は2日、2020年4~9月の線区別収支状況を発表し、全線区の営業損益は383億円の赤字となった。前年同期は唯一黒字だった札幌圏でも赤字に転落。赤字幅は前年同期から164億円拡大した。

 売上高にあたる営業収益は全線区合計で195億円で、前年同期から208億円減少。新型コロナウイルスの感染拡大により、通勤通学の利用減や旅行客の需要が激減した影響で、最も収益を確保できていた函館線小樽~札幌間などの札幌圏では4億円の黒字だった前年同期から一転、84億円の赤字となった。

 北海道新幹線の新青森~新函館北斗間でも61億円の赤字となり、31億円の赤字だった前年同期から倍増。石勝・根室線南千歳~帯広間も27億円、函館線岩見沢~旭川間も26億円の赤字となり、それぞれ前年同期から倍増となった。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集