介護報酬2.4億円を不正受給 男鹿の社福法人処分 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は3日、介護報酬を不正に請求し受け取っていたとして、男鹿市の社会福祉法人「富永会」を、同日付で介護老人保健施設の開設許可取り消し処分にしたと発表した。

 県長寿社会課によると、富永会が運営する介護老人保健施設「男鹿の郷」(男鹿市)で、介護保険法で医師が常勤(週32時間以上勤務)することが定められているにもかかわらず、2018年2月から20年6月にか…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集