メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

富倉そば 長野県飯山市 コシ強く、荒々しい香り

コシが強くしっかりとした歯ごたえがある富倉そば=長野県飯山市静間の「奥信濃まぼろしの蕎麦処 富倉そば支店」で2020年11月20日、皆川真仁撮影

 新潟県との県境に位置し、日本有数の豪雪地帯として知られる長野県飯山市。その希少性から「幻の手打ちそば」の異名を取る同市富倉地区のご当地そばである。

 「幻」と称されるゆえんは、つなぎに使用されるオヤマボクチ。アザミ類の多年草で、通称「山ゴボウ」とも呼ばれる。つなぎには通常小麦粉が使われるが、小麦が取れない富倉でそばを食べるために、信州の山に自生するオヤマボクチの葉の繊維を取り出してつなぎに使う製法が編み出されたという。交通網が整備されていなかった富倉の郷土料理として浸透した。

 信州いいやま観光局によると、手間がかかるうえ集落が高齢化していることから、富倉そばの担い手は年々減少している。現在富倉で富倉そばを提供しているのは「はしば食堂」と「かじか亭」の2店だけだという。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです