メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴タクシー、祈り乗せて 府内8神社がメッセージ きょうから運行 /京都

鈴のマークを付けたタクシーの前で、メッセージのステッカーを受け取るヤサカタクシーの粂田晃稔副社長(右)=京都府八幡市の石清水八幡宮で、鈴木健太郎撮影

 ヤサカタクシー(本社・京都市下京区)は4日から、「神様の祈りの鈴タクシー」を運行する。石清水八幡宮(八幡市)▽伏見稲荷大社(京都市伏見区)▽平安神宮▽吉田神社▽下鴨神社(以上、左京区)▽上賀茂神社(北区)▽北野天満宮(上京区)▽松尾大社(西京区)――の8神社の託宣(メッセージ)とお守りの鈴をそれぞれ付けたタクシー100台を走らせる。

 コロナ禍の拡大で外出や移動の自粛が続く中、市民を元気づけようと、同社が石清水八幡宮に相談したのがきっかけ。他の7カ所の協力も得た。各神社のメッセージを書いたステッカーを車の後部に貼り、後部座席前には神具の鈴を付けたお守りを下げ、ボンネットと屋根に鈴のマークも付けた。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです