疫病退散祈願しウェブ寄席 田辺三菱製薬、大阪大教授講義なども配信 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウェブの「たなみん寄席」で対談する高島幸次・大阪大招聘教授(右)と少彦名神社の別所賢一宮司=田辺三菱製薬提供
ウェブの「たなみん寄席」で対談する高島幸次・大阪大招聘教授(右)と少彦名神社の別所賢一宮司=田辺三菱製薬提供

 製薬会社が集まる「薬の街」、大阪市中央区道修(どしょう)町に本社を構える田辺三菱製薬が、疫病退散を祈願して落語と講演の動画を配信している。無料。

 同社は2017年から毎年11月、神農さんの通称で知られる道修町の少彦名(すくなひこな)神社の祭礼に合わせて「たなみん寄席」を開催。20年はコロナ禍で観客を入れての開催は断念したが、同神社は江戸時代…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集