写真で伝える避難民の現状 内戦のナイジェリア 京都外語大、毎日新聞記者講演を配信 きょう /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年の「世界子ども救援キャペーン」で山崎一輝記者が撮影した、重度の栄養失調のため入院したナイジェリアの子ども=ナイジェリア・ボルノ州で同年9月、山崎一輝撮影
2019年の「世界子ども救援キャペーン」で山崎一輝記者が撮影した、重度の栄養失調のため入院したナイジェリアの子ども=ナイジェリア・ボルノ州で同年9月、山崎一輝撮影

 京都外国語大・短大(京都市右京区)は、2019年秋にナイジェリアの内戦避難民を取材した毎日新聞大阪本社写真部・山崎一輝記者の写真展と講演を、大学のホームページ上で4日午前9時から配信する。

 講演は「子どもの人権~ナイジェリアにおける国内避難民の子どもたちの現状」がテーマ(京都外大・短大人権委員会主催)。京都外大・短大は毎年12月4~…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集