メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

世界各国の「脱ガソリン」の動き

 「脱ガソリン」へ政府が動き出す。2030年代半ばに国内の新車販売を全てハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車に切り替え、ガソリン車の販売を事実上禁止する。巨大市場の中国や欧米では、自動車の環境規制が先行。地球温暖化対策を強化する国際的な潮流に乗り遅れないよう、電動車の普及にはずみを付けたい考えだが、国内メーカーの戦略にも大きな影響を与えそうだ。

 政府が「脱ガソリン車」にかじを切ったのは、欧米や中国が自動車の排ガス規制やガソリン車販売の禁止など高い政治目標を相次いで打ち出す中、気候変動問題への強いメッセージを打ち出す必要に迫られていたためだ。

この記事は有料記事です。

残り2805文字(全文3087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです