120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海底下の約120度の高温環境中で見つかった多数の微生物(海洋研究開発機構提供)
海底下の約120度の高温環境中で見つかった多数の微生物(海洋研究開発機構提供)

 海洋研究開発機構などの研究チームは、高知県・室戸岬沖で海底下約1200メートルまで掘削調査し、高温かつ高圧の過酷な環境に生息する微生物群を発見したと4日付で公表した。温度は約120度に達し、高温でも生きられる特殊な微生物の仲間とみて種の特定を進める。

 チームの稲垣史生・海洋機構マントル掘削プロモー…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集