福井・大飯原発で作業員がコロナ感染 150人が自宅待機、工事の一部中断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力大飯原発3号機(奥)。手前は4号機=福井県おおい町で2019年5月30日、本社ヘリから
関西電力大飯原発3号機(奥)。手前は4号機=福井県おおい町で2019年5月30日、本社ヘリから

 関西電力は3日、大飯原発3号機でテロ対策の「特定重大事故等対処施設」の工事をしていた協力会社の40代の男性作業員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。接触した可能性のある150人を自宅待機にし、工事の一部を中断した。

 関電によると、作業員は11月25日まで神奈川県にある自宅に滞在。26日に福井県おおい町の宿舎に…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集