NASA、月面の土壌採取に日本の宇宙ベンチャー企業選定 22年から探査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米航空宇宙局(NASA)は3日、月面に探査機を送り、土壌を採取してNASAに提供する企業を4社選んだと発表した。このうち二つに日本の宇宙ベンチャー「ispace(アイスペース)」(東京)と、ルクセンブルクにある同社の欧州子会社が選ばれた。

 発表によると、東京本社の探査機は2022年に月の表の北東部、欧州子会社の探査機は23年に月の南極に着陸する予定。残る2社は米企業で、いずれも23年に月の南極への着陸を目指す。

 NASAは月面に飛行士を送り、持続的に活動する計画。月にある氷や土壌に含まれる水の成分から人間の飲み水や、ロケットや宇宙船の燃料となる水素を作ることを想定している。4社が採取した土壌の所有権はNASAが持ち、採取した土壌の画像や場所のデータを求める。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文572文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集