特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症による重症者数が497人と過去最多となった3日、感染対策を厚生労働省に助言する「アドバイザリーボード(AB)」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が開かれ、感染状況を「引き続き最大限の警戒が必要な状況だ」と分析した。感染拡大地域に沖縄が加わり、感染者が増える福岡にも警戒感を強めている。英国ではワクチンが承認され、接種が秒読み段階に入ったが、専門家たちは「国内ですぐに接種は始まらない。今のデータでは(有効か)分からないとしか言いようがない」と、高まる期待感とは裏腹に慎重な口ぶりを隠さない。【阿部亮介、熊谷豪、酒井雅浩】

 英国の医薬品・医療製品規制庁は2日、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナのワクチンを承認し、英保健省は来週から接種が可能との見通しを示している。日本政府はファイザーを含む3社から計1億4500万人分を購入する予定で、厚労省は来春までに接種を始めたい意向だ。

 しかし、早期接種への期待が高まるのとは裏腹に、専門家たちはワクチンの有効性について冷静な見方を示す。ABのメンバーで、…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1333文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集