メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチローさんがアマチュア指導者デビュー 交流ある智弁和歌山高で体験談語る

智弁和歌山高の選手に走塁技術の指導をするイチローさん=和歌山市で2020年12月4日(代表撮影)

 プロ野球のオリックスや米大リーグのマリナーズなどで活躍したイチローさん(47)=本名・鈴木一朗=が、和歌山市の智弁和歌山高で野球部員を指導し、アマチュア指導者としてデビューした。イチローさんは高校生や大学生の指導に必要な「学生野球資格」を今年2月に回復して以来、指導するのは初めて。2日から同校で非常勤コーチとして練習に参加し、3日間にわたり指導した。

 智弁和歌山高は甲子園に春夏計38回出場し、春に1回、夏に2回優勝した強豪校。イチローさんは昨年12月に智弁和歌山高の教職員と草野球で対戦するなどの交流があり、今回の指導が実現。初日は選手の動きを観察し、2日目に直接指導を開始した。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです