イスラム教徒の土葬墓地建設 町議会が反対側住民の陳情採択 大分・日出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
町役場に設置されたモニターで議会を傍聴する別府ムスリム協会のイスラム教徒=大分県日出町の日出町役場で2020年12月4日午前11時21分、辻本知大撮影
町役場に設置されたモニターで議会を傍聴する別府ムスリム協会のイスラム教徒=大分県日出町の日出町役場で2020年12月4日午前11時21分、辻本知大撮影

 故人を土葬するイスラム教徒の墓地建設が計画されている大分県日出町の町議会は4日、住民による建設反対の陳情を賛成多数で採択した。陳情に法的拘束力はないが、イスラム教徒側は困惑している。

 計画しているのは日出町の隣・同県別府市の別府ムスリム協会で、2018年に約8000平方メートルの土地を購入した。町条例の要件を満たせば建設は可能。住宅や病院から110メートル以上距離があるこ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

注目の特集