毎日メディアカフェの教育シンポジウム「学校って何?」 コロナ禍、必要性を再認識

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広瀬太智さん
広瀬太智さん

 毎日メディアカフェの教育シンポジウム「学校って何?」が11月21日、日本教職員組合などの協力で、オンライン開催された。第1部の「子どもたちのリレートーク」では、小学生から高校生までの子ども5人が新型コロナウイルス感染拡大による学校の一斉休校の影響や理想の学校像などを話した。第2部のパネルディスカッションでは、一般社団法人こども食堂支援機構の秋山宏次郎さん、東大阪市教員の塩崎考江さん、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの広瀬太智さん、長崎県の高校2年生の森大輝さんの4人が学校のあり方や学びの意義について語り合った。シンポジウムの内容を紹介する。【斗ケ沢秀俊】

この記事は有料記事です。

残り4889文字(全文5177文字)

あわせて読みたい

注目の特集