東日本大震災

原発避難者訴訟 「国責任示して」 控訴審で住民側 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2011年3月に起きた東京電力福島第1原発事故で道内に避難を強いられたとして住民らが国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審で、第1回口頭弁論が4日、札幌高裁(長谷川恭弘裁判長)で開かれた。

 意見陳述で、福島市から札幌市に避難した住民側代表の中手聖一さん(59)は「原発事故を起こした国と東電の責…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集