東日本大震災

新地市場再開 新鮮な魚、10年ぶりの競り 漁港に活気「うれしい」 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水揚げに値段を付け入札する仲買業者ら=福島県新地町の釣師浜漁港・新地市場で2020年12月4日、高橋秀郎撮影
水揚げに値段を付け入札する仲買業者ら=福島県新地町の釣師浜漁港・新地市場で2020年12月4日、高橋秀郎撮影

 東日本大震災の津波で被災した新地町の釣師浜漁港で4日、魚市場が新地地方卸売市場として約10年ぶりに再開した。荷さばき施設では新鮮な魚介類が初競りにかけられ、活気に包まれた。

 相馬双葉漁協によると震災前は管内に魚市場が6カ所あり、再開は相馬原釜(相馬市)、請戸(浪江町)に続き3カ所目。新地市場は、2018年3月に町が施設を再建した。水揚げは原釜市場に陸送していたが、輸送の手間やコストが減り、より新…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集