新型コロナ 公立高入試 濃厚接触者、別室で受験 機会確保の方策 府、京都市教委 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府教委と京都市教委は4日、2021年度公立高校入試に関し、受験生が新型コロナウイルスに感染したり、濃厚接触者になったりして2週間療養することになっても、受験機会を確保するための方策を発表した。前期選抜と特別入学者選抜は、追試を2月19日から3月3日に変更。中期選抜は、本試験と追試を新型コロナを理由に受験できなかった受験生を対象に、追加選抜を3月23日に実施する。【大川泰弘】

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文586文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集