連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

GoToコロナ五輪の怪=伊藤智永

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首に五輪功労章をかけた安倍前首相=東京都新宿区の日本オリンピックミュージアムで11月16日(代表撮影)
首に五輪功労章をかけた安倍前首相=東京都新宿区の日本オリンピックミュージアムで11月16日(代表撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大は「ここ3週間が正念場」と警告する一方で、もっと旅行や飲食に出かけようと促すGoToキャンペーンを政府はどうして続けるのか。

 戦場から国際政治の舞台裏まで権力の魂胆を長年取材してきた練達の国際ジャーナリストは「これは俺の勘だけどな」と断り、菅義偉首相の腹の内をこう洞察する。

 「来年夏、コロナが流行していても東京オリンピックはやる。その予行演習が国民総動員で行われているんじゃないか。それと実績作りだ。日本は感染拡大中でも、旅行も飲食もやってきましたと世界にPRして訪日客を呼び込む気だろう」

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文1991文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集