中国の核融合装置「人工太陽」が稼働 四川省成都で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新華社電によると、中国が自主開発した核融合研究装置「HL―2M」が4日、四川省成都市で初稼働した。

 HL―2Mは核融合反応で生じるエネルギーを発電に利用することを目指す装置で、核工業集団西南物理研究院が開発を進めていた。1億5000万度の高温に達することが可能とされ、中国では「人工太陽」と呼ばれて…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文228文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集