メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アマビエ柄のスマホ拭き」を年賀状に セブンと日本郵便、京都市内で販売

アマビエ柄のスマホ拭き。包装紙に切手を貼って、そのまま郵送できる=京都市役所で2020年12月4日午前11時39分、小田中大撮影

 京都市と包括連携協定を結ぶコンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンと日本郵便は5日から、アマビエ柄のスマートフォン拭き「okuruおふきmini」を市内の計約400店・局で販売する。売り上げの5%を、医療機関などへの支援に充てる市の「支え合い基金」に寄付する。包装紙が定形封筒となっており、セブン社は「コロナ終息の思いを込めて全国、世界に年賀状として送ってもらえれ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです