メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3密避けて大学生が巫女研修会 京都・北野天満宮 初詣控え感染対策学ぶ

新型コロナウイルス対策などの指導を境内で受ける巫女(みこ)奉仕者たち=京都市上京区の北野天満宮で2020年12月5日午前10時46分、添島香苗撮影

 学問の神様・菅原道真を祭る北野天満宮(京都市上京区)で5日、正月の初詣期間だけ巫女(みこ)として働く「巫女奉仕者」の研修会があり、約120人の大学生が参加した。例年は、お守り授与の作法などを主に室内で学ぶが、今回は「3密」を防ぐため屋外での指導となったほか、状況に応じて使えるよう手袋とフェースシールドも配るなど、新型コロナウイルス対策を考慮した内容となった…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです