メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生殖補助医療法成立 まず一歩「空白の20年」繰り返さないために 慶大・田中教授

インタビューに答える慶大の田中守教授=東京都新宿区で2020年11月18日、滝川大貴撮影

 長年の懸案だった生殖補助医療に関する民法の特例法が4日の衆院本会議で可決・成立した。夫婦以外の第三者の精子、卵子提供によって生まれた子どもとの親子関係が法的に確定した一方、精子、卵子提供のあり方や、将来的に子どもが提供者(ドナー)の個人情報を得られる「出自を知る権利」など多くの課題は積み残された。今回の法制化の評価などについて、生殖医療の最前線に携わる田中守慶応大教授(周産期学・生殖医学)に話を聞いた。【横田愛】

 ――生殖補助医療法が成立しましたが、その意義についてお聞かせください。

この記事は有料記事です。

残り2769文字(全文3014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです