メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生殖補助医療法成立 まず一歩「空白の20年」繰り返さないために 慶大・田中教授

インタビューに答える慶大の田中守教授=東京都新宿区で2020年11月18日、滝川大貴撮影

 長年の懸案だった生殖補助医療に関する民法の特例法が4日の衆院本会議で可決・成立した。夫婦以外の第三者の精子、卵子提供によって生まれた子どもとの親子関係が法的に確定した一方、精子、卵子提供のあり方や、将来的に子どもが提供者(ドナー)の個人情報を得られる「出自を知る権利」など多くの課題は積み残された。今回の法制化の評価などについて、生殖医療の最前線に携わる田中守慶応大教授(周産期学・生殖医学)に話を聞いた。【横田愛】

 ――生殖補助医療法が成立しましたが、その意義についてお聞かせください。

この記事は有料記事です。

残り2769文字(全文3014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです