メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

新型コロナウイルスの重症患者に対応する医療スタッフら=東京医科歯科大医学部付属病院で10月12日(同大提供)

 新型コロナウイルスの「第3波」で重症患者が急増しているのに伴い、全国の医療機関で病床の逼迫(ひっぱく)が深刻化している。東京医科歯科大医学部付属病院(東京都文京区)では重症者向けの病床は埋まり、新たな受け入れができない状況だ。コロナ患者以外の大きな手術なども一部断らざるを得ず、救急患者の対応は半数になった。関係者は「限界だ。今こそ経済活動よりも感染対策を優先させるべきだ」と訴える。

 全国的に感染者の増加が続いた11月28日。同病院の重症者病棟では、防護服を着た医療スタッフが慌ただしく動き回っていた。ベッドで寝ていた患者が装着していた体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)を取り外すためだ。

 この患者はコロナで重篤化し、11日間にわたりエクモを装着していたが、治療のかいもあり快方に向かっていた。「ゆっくり準備を始めましょう」。リーダー格の長岡英気医師はスタッフを落ち着かせるように語りかけた。

 同病院では11月10日ごろから重症者向けの7床がすべて埋まり、緊急用の1床を除けば「満床」になっている。

 7床の患者はいずれも症状が深刻で、12月1日時点では6人が人工呼吸器を付け、1人がエクモを装着している。重症患者の対応には人手もかかり、多い時は10人近いスタッフで1人の治療にあたる。

 高齢者や基礎疾患のある人は自力で免疫を獲得する力が弱く、入院が長期化しやすい。その結果、病床の「回転率」も下がり、患者の入れ替えが進まない状況が続く。

 重症者向けのベッドについては11月以降、1日2~3人の受け入れ要請があるが、すべて断らざるを得ない状態だ。

 この病院では高齢者が搬送される例が増え、この2カ月間で重症患者の平均年齢は60代から70代に上がった。

 内田信一病院長は「若い人の感染が目立った第2波と比べ…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです