特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2、軌道変更に成功 地球と火星の間の小惑星目指す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
はやぶさ2のカプセル分離を確認し、運用メンバーと喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー(中央右)=相模原市中央区のJAXA相模原キャンパスで2020年12月5日午後2時35分、JAXA提供
はやぶさ2のカプセル分離を確認し、運用メンバーと喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー(中央右)=相模原市中央区のJAXA相模原キャンパスで2020年12月5日午後2時35分、JAXA提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」が次の小惑星へ向かうための軌道変更に成功したと明らかにした。

 はやぶさ2は小惑星リュウグウの岩石が入っているとみられるカプセルを分離した後、5日午後3時半過ぎから、3回に分けて約30秒ずつ化学エンジンを噴射。地球へ突入する軌道から離脱した…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集