メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きるのがつらいあなたへ

せめて自分だけは自分を評価して 「うつヌケ」作者・田中圭一さん

うつ病を患い、回復した経験を語る漫画家で京都精華大教員の田中圭一さん=京都市左京区で2018年5月1日、幾島健太郎撮影

 ベストセラーコミック「うつヌケ」で知られる漫画家の田中圭一さん(58)。作品では自身や著名人らがうつ病から脱出する過程をユーモアを交えて描いた。その後も症状がぶり返す「リターン」を度々経験し、新型コロナウイルス禍の中で落ち込むことも多かったというが「自分を客観視することで落ち込みを抑えられた」と話す。憂鬱な気分をコントロールするコツを聞いた。【野村房代/統合デジタル取材センター】

脳みそが濁った寒天で包まれているような感じ

 ――「うつヌケ」では、10年近くかかってうつから「脱出」した経験を紹介しています。うつになったきっかけは何だったのですか。

 ◆初めて心療内科を受診したのは2005年でした。おそらくきっかけはその5年前。畑違いの仕事に転職して、入社早々に大きな成果を出すことができたんです。そのことで、本来不向きな無理のある仕事だったのに、さらに高い目標を自分に課してしまった。

 でも向いていないから、おのずと営業成績は下降線をたどり、周囲の風当たりもきつくなりました。それで自分は何もできないお荷物だ、と自己嫌悪に陥ったことが、うつになる要因だったと思います。

 ただ、ここから「うつトンネル」に入ったんだ、と自分で明確にわかるわけではないんですよ。道を歩いていたらだんだん暗くなって、気づいたら真夜中になっていた感じです。

 当時はうつなんて根暗な人がなるものだ、自分は絶対かかるはずがない、という思い込みがあったから、認めるのに時間がかかりました。でも自分はもうだめだと思うまで落ち込み、病気以外に原因はないだろうと観念して、医者に救いを求めたわけです。

 ――一番つらかったのはいつごろですか。

 ◆08~10年ごろです。…

この記事は有料記事です。

残り3250文字(全文3966文字)

野村房代

2002年入社。岡山支局、東京・生活報道部などを経て20年春から統合デジタル取材センター。ファッション、アート、カルチャーについて主に取材。また、障害や差別など光が当たりづらいマイノリティーの問題に関心がある。1児の母。共著に「SNS暴力 なぜ人は匿名の暴力をふるうのか」(毎日新聞出版、2020年9月発売)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです