メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

前回大会決勝で対戦した桐蔭学園と御所実。両校は今大会もシード校に選出された=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月7日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、3回戦までの組み合わせが決まった。大会は27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕し、記念大会のため史上最多の63校が出場。シード8校のうち7校が1回戦から登場する。

 シード勢では、2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が優勝経験のある茗渓学園(茨城)、前回大会準優勝の御所実(奈良)は46回目の出場となる古豪の報徳学園(近畿ブロック・兵庫)との対戦が決まった。優勝5回の東海大大阪仰星(大阪第1)は唯一、2回戦から登場する。優勝6回の東福岡(福岡第1)は長崎南山(九州ブロック・長崎)との九州対決に臨む。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです