特集

ニュース|第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会のニュースです。

特集一覧

常翔学園「100回大会で100勝」を 日川と伝統校対決 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【常翔学園-同志社香里】前半、常翔学園のトライが決まる=東大阪市花園ラグビー場で2020年11月1日、小出洋平撮影
【常翔学園-同志社香里】前半、常翔学園のトライが決まる=東大阪市花園ラグビー場で2020年11月1日、小出洋平撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、大阪工大高時代を含めて優勝5回の実績を誇る常翔学園(大阪第3)は1回戦で、出場50回目の日川(山梨)との対戦が決まった。

 秋田工(通算132勝)、天理(同105勝)に続く全国大会100勝まで残り4勝と迫っている常翔学園。「100回大会で100勝」という目標をクリアすれば、8大会ぶり6回目の優勝も視野に入ってくる。

 そのためにも、初戦は重要だ。過去4強8回の日川に、花園では3戦全勝。だが、就任30年目の野上友一監督は「ねちっこい伝統校。油断せずに臨みたい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文623文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集