特集

ニュース|第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会のニュースです。

特集一覧

半世紀前にV 盛岡工、古豪復活なるか シード関学に挑む 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【黒沢尻工-盛岡工】前半28分、相手ディフェンスを振り切り左隅にトライを決める盛岡工のCTB川村=盛岡市のいわぎんスタジアムで2020年10月17日、山田豊撮影
【黒沢尻工-盛岡工】前半28分、相手ディフェンスを振り切り左隅にトライを決める盛岡工のCTB川村=盛岡市のいわぎんスタジアムで2020年10月17日、山田豊撮影

 第100回全国高校ラグビー大会の組み合わせ抽選会が5日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、12大会ぶり35回目出場の盛岡工(岩手)は28日の1回戦で、シード校で5大会ぶり7回目出場の関西学院(兵庫)と対戦する。

 古豪復活ののろしを上げるにふさわしい相手だ。主将の兼平歩雅(あるが)は対戦相手が決まった瞬間こそ「シード校だったので正直、びっくりした」と驚いたが、すぐに別の感情が湧いてきた。「12年ぶりの盛工は強いという印象を全国に残せるよう初戦で大暴れしたい」と強豪との対戦を歓迎した。

 盛岡工は第45回大会(1965年度)と第50回(70年度)に日本一に輝いたが、近年は「赤べこ軍団」の異名を持つ黒沢尻工や黒沢尻北の後じんを拝し、11年間も花園の舞台から遠のいていた。…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文800文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集